ケアンズ旅行前に必見の地元スタッフによるケアンズ情報サイト【リビングインケアンズ
ケアンズの観光案内や、ケアンズの旬でディープな情報が満載!

カテゴリー: What's new, ビザ, プロの話, 誌面連動コラム

RSMS(the Regional Sponsored Migration Scheme)ビザの変更について


RSMS(the Regional Sponsored Migration Scheme)ビザの変更について

プロの話 ビザ

移民局と国境保護局は現在、RSMSビザ(サブクラス187)を大幅に改革しています。2017年7月1日以降、申請者の年齢制限は50歳から45歳に引き下げられました。また申請者は自身のTax File Numberを入国管理局に申請しなければいけません。このデータは税務署の記録と照合され、ビザ保有者が最低賃金以下の給料を支払われないように留意しています。同データはビザ取得後に一定期間、ビザ保有者がスポンサーの下で働いているかの確認のためにも使用できます。2018年3月からの変更の概要が発表されましたが、詳細は記載されていませんので、詳細についてはまだ不明確です。現在のところ、職業のリストに変更がある事は判明しており、多くの職種がリストから削除される可能性があります。ケアンズの雇用主が2018年3月からスポンサーとして申請できない可能性の高い職種は、

•小売業マネージャー•レストランマネージャー•ホテルマネージャー•営業およびマーケティングマネージャー•オフィスマネージャー•ダイビングインストラクター•シェフ

これらの職種で企業にスポンサーになってもらう場合は、ビザ申請を2018年3月までにする必要があります。2018年3月からのRSMSビザのその他の変更点は次のとおりです。

  • 最低市場賃金:雇用者はオーストラリアの最低賃金を支払わなければならず、TSMI(the Temporary Skilled Migration Income Threshold)を満たしていること(現在は53,900ドル)
  • 職務経験:特定の職業に関連して最低3年の職務経験が必要。
  • 訓練要件:雇用主がRSMSビザのスポンサーになる場合、訓練基金への支払いが発生。中小企業(年間売り上げが1000万ドル未満の企業)の場合は3,000ドル、その他の企業は5,000ドル。

移民局は、ビザプログラムをより良くするためにこれらの変更を行っていると述べており、オーストラリアの技術的ニーズを満たし、移住者の質と経済貢献の機会を増やし、またオーストラリア人の移民に対する懸念に対応しています。

2017年10月30日 月曜日
ニコラス・タフト

Lanza LegalのDirector。ケアンズ生まれの、ケアンズ育ち。QLD大学にて法律について学び、優秀な成績で卒業。2008年より弁護士としてスタートし、日本の大学での留学経験を活かしながら、地元ケアンズの人々に貢献中。
http://lanzalegal.com.au/

税金と会計のプロフェッショナルにお任せください!
現地オペレーターによる安心オプショナルツアー予約
誰でも気軽に、簡単に出来ちゃうアクティビティー
ケアンズに来たら必見のコアラリーフ
ケアンズでの取材撮影の通訳・バス手配などコーディネートならお任せ!
ポートダグラスコネクションズ Port Douglas Connections 世界遺産モスマン渓谷とポートダグラスツアー
DOKI DOKI TOURS どきどきツアーズ キュランダ マリーバ トルガ 動物探検ツアー
旅行前にケアンズのお土産を日本へ!送料無料のリビケンショップ
ケアンズの掲示板BBS
本日の円・豪ドルレート
計算すると?